SYRUP
<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930 >>
---- ----
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
1116 0116


担当さんからチケットいただいて行ってきました宝塚!
今回はアメリカ映画の傑作、カサブランカです。
カサブランカ自体を知らない人も、「君の瞳に乾杯」っていう名セリフは知ってるかと思います。私も見て「これが最初か!」と思いました・笑。

さてさて宝塚のカサブランカ、宙組新トップスターの大空祐飛さんが主役です。
非の打ちどころのない美形が超似合う大空さんなので、キザなリチャード役もものすごくハマっていて、とにかく全てがカッコイイという…。とにかくびっくりするほど目線が決まるんですよ~!バシっと!離れた席でも眼力をめちゃ感じます。


あとびっくりしたのが、足が超長いこと!!笑。
もちろん男役の役者さんは皆スラっと長いんですが、スーツで普通に立ってるだけでその足の長さがハンパなくて、まるでマジで漫画のようだと感じました。絵よりもっともっともーーーっと長い感じ。スーツとコートがこんなに似合う人は早々いない気がしました…。

なんか大空さんのことばかり書いてしまいそうなのでこのへんでおいといて、内容もとてもわかりやすくて、原作を何も知らなくてもミュージカルとしてすごく楽しめるんじゃないかなと思いましたv
ホントに担当さんに感謝感謝!!


この日は友達と宝塚に行ったのですが、阪急の梅田駅で宝塚駅まで270円の切符を買うために、売り場の売場の機械に一万入れて、270円の切符と小銭だけ取って、札の釣りの九千円を取り忘れるという大失態を犯しました…。てっきり千円入れたと思ってたんだよね…。
舞台の途中の休憩時間のジュースを買った際、財布の中を見てその失敗に気づいたのですが、梅田駅で釣銭を置き忘れたら絶対100%戻ってこないだろうと瞬間思ったので、気にしてもしょうがないしスッパリその場では諦めて残りの舞台を楽しむことに。(私はどうしようもないことには全く頓着しない性格なので…笑)
舞台は楽しんだし、無くて当たり前だけど帰る際に一応駅員さんに聞いとくか、と思って梅田駅に行って聞いてみたら、これがまあ奇跡的にあったんですよ!!ビックリ!!!
そもそも無かったら誰かがネコババしたことになるのであって当たり前なのかもしれませんが、絶対ないと思ってたので、すごいなあと思ってしまいました。
いや、絶対ないと思ってたら聞きに行かないですよね。1%ぐらいはあると信じてたのかもしんない。
誰かが届けたようではなく、駅員さんが発見してくれてたようなので、駅員さんにも感謝感謝!!

いつも使ってるJRと私鉄の切符売場の機械は、札の釣りが出てくる時に「ピーピー」ってずっと音が鳴り続けるので忘れる事はもちろん無いのですが、阪急のにはその音が無かったのでうっかり見落としちゃったんですよね。便利なものが当たり前になると、いつのまにか細かいものが見えなくなってしまうというのを感じました。気をつけねば~!

あと高校時代にお世話になった美術の先生が、ホテルニューオータニで個展を開いてたので行ってきました。
とにかくすごく懐かしかったです。美大を目指して受験に頑張ってたあの頃。美大を目指すほとんどの人が通る、受験用のデッサンと1日何時間も何時間も向き合う毎日。なんだかこの前のようで、遠い日のようで…。
なんか、大変だったけど、夢に向かってすんごく皆キラキラしてた気がします。
一緒に行った友達も同じ高校の出身の友人なので、話が盛り上がりました^^

なんかそういうキラキラしたものを漫画にできたらいいな、と、最近すごく思います。
頑張ろう!

日記

template by 21g Powered by FC2 Blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。